Yuri’s Story

Having grown up in a small town in Okayama,Japan. After I graduated high school, I worked in a large company i […]...

2020.08.02

  Uni.Houseが少しづつ再開し始め、1ヶ月   とっても嬉しいことに先月は、 宮古島やオーストラリア、セブ島で出会った友達が 日本中から牛窓まで遊びにきてくれました。     […]...

直島デイトリップ♡

先日、直島に行ってきました。   一歩踏み出す前に、当時から刺激をもらっていた同級生と一緒に行った以来。 あれから4年。 今回はユニハウスのみんなと一緒に戻ってきた。なんだか感慨深い。。   &nbs […]...

出会いといってらっしゃい

  昨日は、ユニハウスからメンバーの1人が旅立っていった。 とってもエモーショナルな一日だったのでBLOGに残しておこうかな〜と。   現在、オーストラリア・スロバキア・フランス・カナダ、、世界中から […]...

出来ないと思うから出来ない

私はもともとゲストハウスで働くためには英語が必要だと感じ、海外に飛び込みました。 もちろん海外に行ってみたいという思いはあったけどそこまで強くはなく、 洋画や洋楽にもたいして興味はなく、異文化や海外というものは比較的遠い […]...

みんな違うからこそ、みんないい

私はもともとゲストハウスで働くためには英語が必要だと感じ、海外に飛び込みました。 もちろん海外に行ってみたいという思いはあったけどそこまで強くはなく、 洋画や洋楽にもたいして興味はなく、異文化や海外というものは比較的遠い […]...

Have to / Should ではなくて Want

  私はもともとゲストハウスで働くためには英語が必要だと感じ、海外に飛び込みました。 もちろん海外に行ってみたいという思いはあったけどそこまで強くはなく、 洋画や洋楽にもたいして興味はなく、異文化や海外というも […]...

みんなとの”今”を大切に生きる

    【『CROSS × ROAD』にいた時感じ、今もこれからも意識したいこと 】    “今を大切に生きる”ということを強く実感し始めたのは、4年前     セブ島に […]...

ふと感じたこと

  5年前までは仕事が終わればバイトに行き、暇あれば友達とカフェに行ったりドライブしたり 少ない資金の中で美容やファッションにお金を費やすような田舎にいる10代女子でした。     自分の人 […]...

ゲストハウスでの”人との出会い”が私を救った

なんでゲストハウスをオープンしたの?という質問をよくされますが、 一言で言うと私自身が ”人との出会い” で人生がもっと豊かになったからです。   それまでの私は、 高校卒業後、デザインの道へ進学を希望していま […]...

やってみないと分からない。

  【何事もやってみないと分からない】   – ちょうど1年前にクラウドファンディングをした時のお話 – ゲストハウスをオープンするにあたって、 4年前からクラウドファンディン […]...