ゲストハウスで働いてみて in 宮古島

ゲストハウスで働いてみて in 宮古島

2016/07 ~

宮古島 Guesthouse Hanahana での経験

 

HP >> http://www.guesthousehanahana.com

私がHanahanaを記事にまとめたのはこちら

 

ELEVEN VILLAGE 吹屋 の次にお世話になったのが、

沖縄県 宮古島にあるゲストハウス Hanahana でした。

 

岡山 ELEVEN VILLAGE 吹屋 での経験の記事は、こちら

 

なぜ沖縄へ?宮古島へ?

 

沖縄が好きだった優理は、

沖縄のゲストハウスも見てみたい!スタッフとして働いてみたい!という思いから、

今しかない!と思い、沖縄のゲストハウスで働くことを決意しました。

 

その頃、仕事を辞めることを決断し、具体的に今後どうしていくか考えていて、

それに向けて、ダブルワーク、トリプルワークをしながら準備をしている段階でした。

 

何も情報がない中で、

山ほどある沖縄のゲストハウス(諸島も含む)の中から、

HPやBlogをひたすら見て、雰囲気の良さそうなゲストハウスを

いくつか絞り、その中でも、

 

沖縄本島から離れた宮古島を、

瀬戸内海の島々と同じような田舎のイメージを思い浮かべてた優理は、( 完全に調べ不足 )

本島だと、観光地もたくさんあるし、きっとお金をたくさん使っちゃうだろうから、

自然いっぱいな田舎な島にしよう!と、( 完全に調べ不足 )

本島じゃない場所のゲストハウスにさらに絞り、

 

そして、何かの縁あって、宮古島 Hanahana へやってきました。

まあ、言うまでもなく、

宮古島の中心部は、瀬戸内海の島々と比べものにならならないくらい発展していました。(笑)

 

が、この選択は、間違いではなかったです。

初めての宮古島。想像を超える、綺麗な海!砂浜!星空!全部全部が、最高でした。

そこで出会った人たちも、本当に最高でした。(いろんな意味で、笑)

 

 

 

 

そこでの日々、経験も、優理をまた成長させ、今の優理を作り上げている一つとなりました。

Hanahana での日々

 

今まで見てきたゲストハウスと
沖縄のゲストハウスは、また全然雰囲気が違いました。

 

初めての宮古島!初めての沖縄のゲストハウス!

リピーターの方も多く、何も知らないNEWヘルパーゆりゆりは、

ゲストさん達から、いろいろオススメや穴場を教わり、いろいろ連れていってもらい、楽しませてもらう。

そんな日々でしたね。(笑) 一言で言うと、毎日が青春!そんな感じ。毎日が本当に濃く、楽しかったです。

 

懐かしき、第60代ヘルパーゆりゆり初ブログ
http://blog.goo.ne.jp/guesthousehanahana/e/40db241cdd93014267a496d4041bb5a1

 

 

 

朝 7〜8時起床

朝起きて、共有ルーム、ゆんたくに行くと、基本結構みんな起きています。

シュノーケルやダイビングに行く人も多いので、ゲストさんたちの朝ははやいです。

 

ここのゲストハウスは、シフト制で、

ハイシーズンというのもあり、ヘルパー3、4人で回していくかんじでした。

 

10〜11時ごろまで みんなで分担して掃除

 

早番 11〜15時

SNS更新、チェックイン、送迎、その他

 

中番 15〜19時

SNS更新、チェックイン、送迎、洗濯物、その他

 

遅番 19〜24時

チェックイン、送迎、22時〜 AQUA(Bar)

 

といったかんじのシフトで働いていました。

 

朝早起きして、みんなでシュノーケリングしに海へ行ったり、朝日を見に行ったり、

帰ってきて、ゲストハウスのお仕事をし、

仕事が終わると、ゲストさんがゲストハウスまで帰ってきて、

拾ってくれて、一緒にご飯を食べに行ったり、観光したり。

夜は、みんなで沖縄の美味しいご飯食べて、飲んで、

そして、ゲストハウスのBarでまた遅くまで飲んだり、星空見に行ったり、、、

 

毎日毎日、1日をフル満喫していました。

 

青空サロン

屋上で天サロ

みんなで花火

BBQもたくさんしました。

おじいちゃんたちが釣ってきた、マグロをみんなでペロリ

サンセットも最高

みんなでビーチバレー

パンプキン鍾乳洞ツアー

普通に亀にも会えちゃいます。

自然とみんな踊り出しちゃいます。

星空がびっくりするくらい綺麗。天の川も見れちゃうの。

カラオケ

みんなでご飯を作って、大好きなゆんたく!!!!!!

AQUA でお誕生日サプライズ

毎日のいってらっしゃいといってきます。

と、まぁ、毎日が本当に本当にスペシャル!!!!!

思い出がありすぎて、載せきれません!(笑)

 

1か月の間でHanahanaへ二回も来る人がいたり、

飛行機をタクシーのように使い、好きな時に好きなとこに行っている人もいたり、、、

今まで、出会った人たちとは、また違うタイプ人たちにもたくさん出会いました。

 

仕事は仕事でしっかりこなし、休みや空いた時間をしっかり充実させる。

そんな方たちが多かった気がします。

また、沖縄、お酒、海が本当に好きな方ばかりでしたね。

人生の楽しみ方、幸せのあり方は、人それぞれだなぁと感じました。

 

 

沖縄が好きな人、海が好きな人、お酒が好きな人、人が好きな人、旅が好きな人、

そんな人たちが自然と集まって、性別年齢何も関係なく、

この場所で、ゆんたくし仲が深まっていく。温かい場所。

 

いってきます、いってらっしゃい。ただいま、おかえり。

毎日繰り返す中で、寂しいもツライもたくさん体験したけど、いつ、どこでも、また会えるから。

日本中、世界中に友達が出来て、旅だけじゃなくて、人生さえもが、もっともっと楽しく豊かなものになる。

そう感じました。

 

 

7月はハイシーズンというのもあって、たくさんの人たちが来ては、出て行く、そんな毎日の繰り返しで。

忙しく猛烈な勢いで流れていく毎日の中で、ゲストハウス、人間関係、スタッフとして、など、

いろいろ考えさせられることもありました。

 

ヘルパーのくせに、何も知らないし、人見知りはするしで、ダメダメだったのに、

受け入れてくれて、仲良くしてくださる人、可愛がってくれる人、温かい人たちが

Hanahana には、たくさんいました。なんて幸せものなんでしょう、ね。(笑)

今思うと、手のかかるヘルパーだったと思います。

みなさん、本当に、心から、ありがとうございました。

して、これからもよろしくお願いします。(笑)

 

 

 

あの、あたたかい空間が、本当に大好きでした。

 

 

ゲストだけではなく、

一緒に過ごしてきたヘルパーのみんなとの時間も、かけがえのない思い出です。

 

特にお世話になった、お兄ちゃんヘルパーのたまちゃん、

いつも姑のように事細かく、うるさく、指摘してくれて、(笑)

なんだかんだいつも優しくも見守ってくれてて、パパのような存在でした。

 

 

 

ユンちゃんは、ママのように、

いつも優理のお世話、心配してくれて可愛がってくれました。

蜘蛛が大嫌いな優理をいつも助けてくれていた救世主。そして、心の支え。

ユンちゃんワールドにいつも幸せと爆笑をもらい、毎日楽しく過ごせました。

 

 

 

最後の二週間ほど、わかちゃんもきて、4人体制へ。

わかちゃんの人を惹きつける人柄。優理にないものをたくさん持ってるわかちゃんは、本当に素敵でした。

いつも場を盛り上げてくれて、素敵な時間を作ってくれて、最高に最高に、楽しかったです。

 

 

 

この三人と一緒で良かった!って心底思います。

みんな違ってみんないい。

だからこそ、バランスがとれてて。

あの4人でヘルパーした経験も踏まえて、優理は、また勉強になった思います。

 



 

そんなHanahanaを作り上げている、ツナさんもやっぱり本当にすごいです。

 

 

沖縄のゲストハウスは、本当に幅広い年代の方々がきます。

職種や目的も様々で。一人旅の人も多く、特にHanahanaは、交流の場が生まれやすいです

気がつけば、最高の思い出がどんどん増えていって、大好きな友達も増えました。
そんな瞬間があるからこそ、みんなまたここに戻ってきたくなるんでしょうね。

 

また、知らなかった人たちと出会い、知らなかった世界を知ってく、

新しい自分が、新しい人生が、どんどん見えてきて、

幸せをたっくさん感じれてて、優理の価値観、視野がどんどん広がっていく一方でした。

 

 

 

(もちろん反省点も盛りだくさんでしたけど、ね。)

 

 

宮古島に来て、Hanahanaで働けて、よかったです。

沖縄が、ゲストハウスが、旅が、人が、また、もっともっと好きになりました。

 

 

 

ゆりゆり フライングラストブログ

http://blog.goo.ne.jp/guesthousehanahana/e/a28742f998a4581a5d4eafe14746a39a

と、ラストブログ。

http://blog.goo.ne.jp/guesthousehanahana/e/8e57871d8236bd21a60c09fd2400a878

 

 

おーしまいっ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL